• 明石市の分譲物件を購入する際の住宅ローンの申込み方

    明石市で分譲されている住宅やマンションを購入する際に、費用をキャッシュで賄える人はほとんどいません。



    大抵の人は、金融機関の住宅ローンに申込み、融資を受ける形で購入費用を用意しています。その住宅ローンでお金を借りるためには、事前審査と本審査の両方を通過しなければなりませんが、申込み方はいったいどのようになっているのでしょうか。住宅ローンの事前審査の申し込みは、明石市の分譲物件を購入する希望を不動産会社に出した後に、事前審査申込書を提出することによって行います。この申込書を提出する際には添付書類として、本人確認書類、収入証明書類、勤続年数の確認書類の3点が必要となっています。

    OKWaveの知識を持つことが重要です。

    会社勤めの人であれば、運転免許証、源泉徴収票、健康保険証あたりを用意しておけば良いでしょう。事前審査を通過した後は、明石市の分譲物件に関する売買契約が成立したタイミングで本審査を受けます。
    この本審査で必要となる書類は、事前審査のときより種類が増えます。



    本審査のみで必要となる書類としてまず挙げられるのはローンの対象となる不動産に関する書類で、売買契約書や重要事項説明書、公図、物件周辺の地図、建物の間取り図など、たくさんの書類を用意しなければなりません。

    また、不動産関係の書類以外にも、印鑑登録証明書や世帯全員分の住民票の写しなど、提出すべき書類はたくさんあります。


    住宅ローンは、本審査を通過し、金銭消費貸借契約を締結すれば、融資実行の準備が整います。ただし、金融機関によっては契約の段階でもいくつかの書類の提出を求められるので、金融機関側の説明をよく理解してから必要なものを揃え始めましょう。